ぶくまぐにゅぅ~す

Diary since 2007

和歌山|太地町deチョイ投げ釣りと耐寒訓練


スポンサードリンク

強風が吹く漁港でチョイ投げ釣りです。

イルカの生け簀では、芸をしてもらう用事も無いのに イルカが飛んでます。

時々、ケタケタ・・・と笑っているような鳴き声も聞こえます(爆


寒い・・・

天気ですけど・・・。



イメージ 1


強風で竿が右へ左へ揺れます。当然、揺れる度に餌も揺れますから食い付こうとしている魚達が、パン食い競争みたいになってます。

そのうち

魚が怒り出したのか、餌は取られ続けるし、餌やりみたいな釣りになってしまいました(T_T


イメージ 2


そんなこんなで、タバコのサイズぐらいの魚が、どんどこ釣れました♪

相方の実家にいても、大仏さん(姑)の話し相手が面倒なので
釣りしている方が、ずーっと気楽です(^o^



イメージ 3


サイズが小さいので、皆さん、海にお帰り頂きましたm(_ _)m

お腹見せてる魚もいますが、死んだふりしてます(爆

突っつくと起きます(^^;





イメージ 4


他府県から来た釣り仲間のオジサン達

釣り初めて5分もしないうちにその1人が、何が気に入らないのか判りませんが
クーラーボックスに入ってた撒き餌を全部、海に捨てていました。

で・・ふてくされて撤収。

他のメンバーは苦笑いするだけでした。
面倒臭い人がいると他のメンバーが迷惑するんだけど。


海にゴミは捨てないこと!