ぶくまぐにゅぅ~す

Diary since 2007

徳島|国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-上板町立歴史民俗資料館企画展


スポンサードリンク

f:id:baking_week:20220402085906j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-

技の館から近くにある上板町立歴史民俗資料館で廃線になって50年になる、旧国鉄鍛冶屋原線の企画展示を開催中で観覧してきました。

玄関から資料館職員さんのお出迎え(多分、入場者が少なかったかと)で入場。


f:id:baking_week:20220402085904j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-


手作り手動の発券機から切符が出てきて日付スタンプを押して貰い、頂いたしおりに貼付ける仕組み。3回来場したらイベントに参加できるとか。


モニターには当時、お仕事されていた職員さんのインタビュー動画。展示物はすべて寄贈品だそうです。

 

f:id:baking_week:20220402085901j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-


「さようなら鍛冶屋原線」このヘッドマークは実物。随分前にテレビで廃線になった路線ばかりを集めた番組で観た記憶が・・・。実物を見られて感動です。

道路になってしまった板野駅から鍛冶屋原駅まで日々、車で通行していると妙に道幅の広いところを通過するので、鉄道があったことを知った時には驚きました。

今も「ここに駅がありました」石碑を所々で見ることができます。廃線せずに残っていたら徳島市内へ移動するのも楽なのになぁとか思ったりします。

 

f:id:baking_week:20220402085909j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-


当時使われていたものが色々と展示されています。懐かしいなぁと思われる方は是非、観覧にお越し頂ければ。入場料は無料です。

資料館の方にお話を聞くと廃線後、暫く列車が展示されていたそうですが手入れせずだったので腐食が酷くなり、マムシの寝床にもなってしまったので解体したとか。


「うわ~マムシいるんだ(呆然)。去年、我が家のベランダにヘビ来たもんなぁ」

 

f:id:baking_week:20220402085916j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-


展示開催を待ちきれずにフライングで来館したコアな鍛冶屋原線のファンもいたそうです。「鉄道系ユーチューバーさんの来場、お待ちしてます」とも職員さんが言ってましたね。

 

 

f:id:baking_week:20220402085911j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-


板野駅から鍛冶屋原駅までは、犬伏・羅漢(らかん)・神宅(かんやけ)に駅がありました。

展示物は多くは無いのですが、知っている人には懐かしく、知らずに住んでいる人には発見みたいな時間を過ごすことが出来ました。

 

 

f:id:baking_week:20220402085914j:plain

国鉄 鍛冶屋原線-廃線から50年-

廃線になった当時、世間で何が流行っていたのかコーナー。

フィギュアスケートの羽生選手に似ているような似ていないような空目な歌手、三善英史のLPレコードやフォークソング、演歌などのレコードが並びます。

郷ひろみがいたら西城秀樹もお約束では~と思ったりしながら、50年前の1972年は何があったのか?

調べてみたら

パンダ外交・旧日本軍兵士帰還・沖縄日本復帰・千日デパート火災・札幌冬季オリンピックなどなど・・・。


上板町立歴史民俗資料館 春期企画展示
懐かしの鍛冶屋原線-廃線から50年-
展示:2022年4月1日~30日
時間:9:00~16:30 月曜休
入館無料
近くに「技の館」があります。

goo.gl

最寄りバス停:鍛冶屋原車庫。ここから北へ直進徒歩10分。

goo.gl

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


www.youtube.com