ぶくまぐにゅぅ~す

Diary since 2007

恋のメキシカン・ロック


スポンサードリンク

恋のメキシカン・ロック|橋幸夫

 
我が家周辺のスーパーって、店内BGMがほとんどJ-POP。

大抵のスーパーで使われているBGMは、差し障りのないクラッシック音楽とかが主流なので、歌謡曲が流れていると、たとえ、今時の曲が流れても、昭和世代に引き込まれたような感覚になります。
  
たまたま旅先からの帰宅途中に立ち寄ったスーパーで、この曲が流れていました。
それもラジカセで。

通りすがりのオバちゃんなんて曲聞きながら、フンフンフ~ン♪なんて口ずさんでるし(爆

軽快なリズムで買い物かご持ちながら、前に3歩、後ろに3歩ってステップ踏みそう(^^;

フルコーラス、きちんと聴いてしまいました(爆

 


橋 幸夫/恋のメキシカン・ロック (1967年)


メキシカン・ロック ゴーゴーゴーゴー
メキシカン・ルック ゴーゴーゴーゴー

 

>ロックは良いとして ルックとゴーゴーは死語ですよね。
 

 

 

僕の気持ちは メキシカン・パッション
君のスタイル メキシカン・ファッション

 

>メキシカンファッソンってどんなのですかね?

 

 

メキシカン・ロック ゴーゴーゴーゴー
メキシカン・ルック ゴーゴーゴーゴー


>歌の軽さといい、コーラスの高度成長期を思わせる昭和時代全開
 
 いかしてるぜっ!(爆
 
 歌詞が淀みないところが上手いというか
 
   やっぱ昭和歌謡、凄いっす(^^)v