ぶくまぐにゅぅ~す

Diary since 2007

落語|林家染丸還暦の会を最前列で鑑賞


スポンサードリンク

イメージ 1

 

三味線の師匠還暦舞台を国立文楽劇場で観てきました。
師事してかれこれ、3年・・早いものです。

 

イメージ 2
林家染丸還暦の会』

 

「口上」  染丸 小染 染二 うさぎ そめすけ 花丸 染雀 染弥 竹丸
      染左 笑丸 卯三郎 染太 市楼 染吉 愛染
「漫才」  酒井くにお とおる
「代書屋」  桂 春団治
「天下一浮かれの屑より」 染丸

 

『爆笑歌舞伎 釣女』
「太郎冠者」 染丸
「大名」   染二
「上臈」   うさぎ
「醜女」   笑福亭 鶴瓶

 

イメージ 3
林家一門は個性派揃いの落語一筋。タレント活動とは無縁の方々ばかりです。
私も落語会などに滅多に行く機会がないもので
初めてお目にかかる方も。

 

爆笑歌舞伎といいながらも
きちんとした踊りで笑わせるところはきちんと笑わせてくれる。
ゲストで鶴瓶サンも演舞していましたが、ふざけたところもなく
流石だなぁって感じです。

 

舞台の雰囲気も写真におさめたかったのですが
なんせ撮影禁止ですから
雰囲気だけでも感じて頂ければ・・・。

 

定期的に師匠宅へ稽古通いしている私にしてみたら
師匠に師事して良かったと思うと同時に
もっと精進しないとなんて思うのでした(爆